お付き合いのいろいろ。

10時過ぎ。

久しぶりに良く寝た。

‥といっても昨夜娘の喘息様の咳コンコンがでて、

バタバタしたので、就寝も遅かったからか。


いや、それより腰が悲鳴をあげている。

おばあさんのように腰を曲げていると、

まあなんとか歩ける。

けど、しばらくすると変な恰好なので

どっかに負担がきていて

腰全体が重だるくなる。


お風呂に入ると、体が軽くなり姿勢もシャンとする。

きっと、痛いところに効くというより

痛みから被害を被っている他のところが

癒されるからだと思う。


難儀だわ。

・・でもお付き合いしなくっちゃ。

パートナーとはさよならできても、(せんけど)

この体とは一生ものの付き合いだから。


付き合いといえば、

思春期の話を学校でするときに、

これまでとは違ってくる自分のトリセツを知ることが

うまく付き合える秘訣だよ。

と、話している。


思春期の変化は、やったーと受け入れるものばかりではない。

むしろ、めんどくさい、えーやだわ。

といったことのほうが多いと思う。

けど、こんなメンド―な部分となんとか折り合いをつけて

付き合っていけるようになってほしい。

そのために周りの大人ができることは

なんだろうか。


どんな言い回しが心に届くのか。

説教じみてないか。

きめつけてないか。

なんなら、この講義に点数をつけてもらったらどうか。


残すは養護学校、北高のみで、

ほぼ中部の学校の講義は今年は終了。

東部は付中や養護学校がある。

体を壊している場合ではないので、

とっとと治して講義に集中したい。

引き続き、貧弱な脳みそをフル回転させようと思う。

8時には寝よう。


夕飯はおばあさん。

ちょっとうすいカレーだった。


*3匹仲良く


ストーブの前。

こんな日がくるなんて。


掃除やえさやり、排泄。

手はかかるけど、

やっぱりかわいい。

子どもにとられる時間が減ったけど、

今度はこちら。

人間もこんなふうに

仲良くなったらいいのに。





閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘