いのししがとれたけど。

起床は

9時。

パキンと目覚めた。

こんな寝起きは久しぶり。

とーきどき、不摂生するのも

いいかもしれない。


つれあいがいつものコースをこんちゃん

と散歩して帰ってきた。


「イノシシが

ひっかかっとったわ。

解体するの手伝わんかぁ」

って誘われたわ。」

と、少し興奮した様子。

いいがん、やってきたら!!

と勧めた。でも、

午後から見たいテレビがあるので

その時は断ったようだった。


せっかくのお誘い、いけば。

と再度促した。

娘も行きたいという。


解剖の学習だと思うし、

自分たちが普段食べている肉切れが

実はこんな風になってると

わかるいいチャンスだと思った。


「そうだな。」

つれあいは

思い直して電話した。


「病気もっとったみたいで、

すてちゃっただって」

・・・3人でがっくりきた。


息子が小さいころ、

魚をさばく私のところによくきて

ジーっと見ていた。

とりだした内臓を見たり、触って

いたのを思い出す。


今彼は、ブリやタイや大きな魚も

器用にさばいてくれる。

その原点はどうやら私のさばいた

魚だったらしい。


今年5年生になる娘は、

食べることが大好き。


いかをおろしてみたり、

魚の胃袋に小さなえびやかに

が入っていると喜んでいる。


スーパーには、

まな板を汚さないような

魚はいっぱい売っている。

時にはそれも利用するし、

それも便利だ。


けれど、時には

イワシの手開きとか、

さばの2枚、3枚おろしとか

いっしょにやってみるかな。

私の忍耐が試されそうだけど。(笑)


夕飯

からあげ(もも、むね)

キャベツの千切り

とうふとネギのみそ汁


*くらげ


昨日娘とつれあいは

カニっこ館に行った。


クラゲを気に入った娘は、

何枚もの写真と動画を

とった。←はその1枚。

くらげって、

脱力の象徴だなぁ。

いいわ。とっても。








閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘