いくつになってもチャレンジャーで。

今日も雨っぽい。

サムッ。


ムスメは調子の悪そうな空気を

漂わせている。

低い声でぼそっと、

おかあさん・・・いけんわ、いけん。

なにがよ。


だめ。

いけん。


だけ、何がよ、主語がない。

・・学校。


大丈夫だよ、

この前だって朝はそういっとったけど

大丈夫だったがん。


そんなわたしの声を無視するかのように

静かに2階へあがっていった。

無言の訴えを上手に使い始めたムスメ。


昨夜お腹の調子がわるかったけなあ。

あんまり食べんかったしなあ・・。

まあ、休むか。

寒いし。


そんな暗いスタートから

一転して希望の記事に出会う。

昨日の新聞(目を通してなかった)。


世界最高齢でヨットによる単独無寄港の

太平洋横断に挑戦していた海洋冒険家

太平洋横断達成、堀江謙一さん。


83歳って、

けっこういい歳だよなあ。

すっごいなあ。

単独無寄港のすごさがたぶん1/100ぐらいしか

わからんけど、すごいことだと思う。


白髪の爺さんが

青春真っ只中です

っていうのは

ちと無理が・・とも思うけど

この人なら使ってもいいなと思えるフレーズ。


好きでやってまーす。

おれはやりたいんだ!!

「航海は自己満足のため」

そう言い切れるすがすがしい潔さを

感じた。


コロナや戦争といった

沈むような報道が多い中、

83歳の快挙。


終活を考えてもいいお年頃に

「生涯チャレンジャーでいきたい」

その精神は守りでなく攻めだよな。


白髪も、その生き方もまぶしい限り。


帰港セレモニーでの花束は

紫のバラだった。

誰が選んだのか知らんけど、

よく似合っていたなあ。


お昼ごろ、仕事から帰宅すると

ムスメは寝ていた。

なあなあ、うどんいく?

うーん、どうしよっかなあ・・・。

思ってないと思うけど、

一応迷ったふりをしていた。


いいよ、

うどん食べに行こうか。


じゃあ、いつものやつと天むす2個な。

着替えるけ。


一つ問題はクリアした。

外は相変わらず寒いが、

きっとムスメの心はあったかいと思う。

よかった、よかった。


夕飯

総菜の魚のてんぷら

昨日のおから

ひじきのだし巻き

おぼろどうふの味噌汁



*シャクヤク


花関連の仕事をしてる

息子がくれた。

たてばシャクヤク

座ってもシャクヤク・・

って感じ八重咲の1輪。

ほのかな芳香が、上品で

うっとりしてしまう。

ムスメはボタンだと

思っていたらしい。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示